不良少年Y 

『路上で次々に暴行 少年Yにレッドカード』

d0104029_13244217.jpg


「横浜市内の公園や路上で、乱暴な行為を繰り返したとして、少年Y(推定3歳半・雑種)が保護者に取り押さえられ、その場で一発退場となった。朝の公園で、「奇妙きわまりない体操」と「腕振り腿上げ後ろ向き歩行」でトレーニングする初老の男性Aさんに以前から目をつけていた少年Yは、この日もAさんを見つけるやいなや、泡を吹きながら激しく吠え立て、凄まじい唸り声で威嚇し、襲い掛かろうとした。保護者は平身低頭謝ったが、Aさんは「ずいぶん気性の荒い、凶暴な犬だなあ。。。」と言い残し、立ち去った。その後、自ら擦り寄って甘えていたはずの中年男性Bさんには、「てめぇ、いつまで撫でてんだよー」と突如態度を一変、飛びついてBさんを突き飛ばすという暴挙に及んだ。また、一緒にいたBさんの孫(5歳男児)にも、「チビのくせに、オレに触るな!」と突然キレ、驚いた男児は号泣。さらに、別の公園では、黒ラブ(1歳♂)、ジャックラッセル(2歳♂)、柴(5歳♂)などに、「生意気だ」「気に入らねー」と次々に因縁をつけては喧嘩を売りまくった。幸い、保護者同士はみな顔馴染みであり、各位の寛容な対応に事なきを得たものの、今後の行動には十分な警戒が必要である。

しかし、最後に出会ったグレートデンのタイガー(生後5ケ月♂)には、遠くからこそ吠え掛かってみたものの、そばに来られると身動きもできず、小心者ぶりが露呈されるという、とほほな一幕もあった。

d0104029_1432256.jpg

ブリンドルだけに、その名も‘タイガー’。5ケ月のパピーにして体重ナント40kg超!

少年Yを知る近所の犬仲間は、口を揃えて言う。
「え~~? Yぽんが? まっさか~(笑」
「Yぽん、嬉しくなって遊んじゃっただけでしょ~」

また家では、父親と手をつなぎ、仲睦まじく就寝する姿なども、たびたび目撃されている。
d0104029_14103517.jpg


しかし保護者は、「あまり知られていないが、Yには別の顔がある」とも語る。
甘ったれで、誰にでも可愛がられる少年Yであるが、
全く正反対の、もうひとつの犬格が見え隠れしていると言うのだ。
危険因子の芽を摘み残してしまったと判断した保護者は、
今後のYの動向次第では、厳しい訓練も辞さない構えだ。」
[PR]

by panco-hoy | 2010-12-17 13:52 | 寛(ゆた)

『マッピー』用ボーダー

<< ランステ初体験&鮮魚 Heavy Rotation >>