後悔、先に立たず。

やめぴの歯磨きをしていた時のこと。
左の奥に歯ブラシを入れたとたん、
全身に電流が走ったみたいに、やめぴが飛び上がった。
もう1度やろうとすると、またビクンと飛び上がる。
さらにもう1度やろうとしたら、顎が軽く痙攣した。

不審に思い、口を開けて奥歯を見て、血の気が引きました。


d0104029_168521.jpg











欠けてる。
しかも、歯髄らしきものが見えてる。

うぇ~ん、取り返しのつかないこと、しちゃった。。。
十中八九、牛膝軟骨が原因だと思います。

ヒヅメや骨を齧って、歯が折れちゃった子は、
身近なお友達にもけっこう何頭もいたし、
犬の歯は脆いから、骨なんか齧らせたら絶対ダメだって
いろんなところで読んだり聞いたりしていたのに。

もう止めたほうがいいなーって、内心思い続けながら、
ついついあげてしまっていた結果がコレだもの。
なんて不甲斐ない、ダメ飼い主(涙。
病気でも、怪我でもない。
事故でもなければ、もちろん加齢のせいでもない。
ただ私が与えさえしなければ、よかっただけの話。

確かに、歯は眩しいくらい真っ白になった。
歯磨きなんて、もう必要ないくらいに。
でも、飼い主の手抜きのツケを、やめぴが払う羽目になってしまった。
悔やんでも、悔やんでも、悔やみきれないし、
どんなにやめぴに謝っても、欠けた歯は元に戻らない。

過ぎてしまったことを嘆いても、今さらどうにもならないので、
これからどうするべきか、よくよく考えなきゃと思います。


d0104029_1725643.jpg

















「歯抜け婆さんには、なりたかないねぇ。。。」

ごめんね、やめぴ。
ホント、ごめん。

[PR]

by panco-hoy | 2011-03-08 15:53 | やめぴ

『マッピー』用ボーダー

<< これからどうする? 雪山ラスト >>