ぶつぶつ。。。   

殺処分の危機と大怪我からの見事な生還を遂げた成。
ちょっと時間かかったけど、成を弟として受け入れられるようになった寛。
まだ発病前で、年齢不詳のお転婆不思議ちゃんだったやめぴ。
この3匹がそろっていたのは、実はたった1年半という短い期間だった。

d0104029_15313104.jpg

3頭そろえば、可愛さは3倍・・・ではなく3乗。
3つ揃って完成形だったYYNだけど、
そのほんの僅かな月日は、奇跡的な巡り合わせだったのかもしれないね。


寛と成は、新生凸凹コンビとして再スタートを切ったのに、
私はまだ、ひとつ足りないことに、心と体が順応できずにいる。

やめぴがいなくなった直後は、
なぜだか、悲しいとか、寂しいとか、あまり感じられなかった。
普通に人と会って、お出かけもして、ゲラゲラ笑って、
私って一体なんなんだ、、、って思ってた。

今思えばあれは、ある特定の感情がマヒしていたのだと思う。

野生動物が生きながらに捕食される時、
恐怖や苦痛を伝達する神経は、瞬時にフリーズすると聞いたことがある。
そうでもしなければ、到底耐え得る苦痛であるはずがないわけで、
動物にとっては、とても重要な本能的な自己防衛機能。

妙な例えだけど、私もそんな感じだったのかも。
まともに受け止めたら、辛すぎて自分が崩壊しかねないから、
一時的に、感情の伝達をひどく鈍らせていたというか。。。

少し時間がたって、徐々にその機能が解かれた今、
まさに、寂しさMAX状態なのであります。

いつまでもそんなコト言ってたって
しょうがないんだけどさー。

それほど沢山あるわけではない3ショットの写真は、
私の生涯の宝物です。


[PR]

by panco-hoy | 2014-07-18 20:58 | Y&Y&N

『マッピー』用ボーダー

<< アイスキャンディー♪ 四十九日。 >>