カテゴリ:やめぴ~闘病編~( 10 )

『マッピー』用ボーダー

ありがとうございました。

d0104029_12223136.jpg


日曜日の午後、
やめぴは荼毘に付されました。
幼なじみの親友ネルちゃんと、
ふたりで仲良くきゃっきゃ言いながら、
一緒に青空を駆け上って行きました。
だからやめぴは、寂しくありません。

大勢の方々がお別れに来てくださいました。
沢山の綺麗なお花が届きました。
温かいメールもいっぱいいただきました。
大好きな仲間たちが
火葬にまで駆けつけてくれて、
一緒に旅立ちを見届けてくれました。
こんな幸せなわんこ、
そうはいないと思います。

本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

d0104029_10412247.jpg

コメントへのお返事がなかなかできず、ごめんなさい。
しっかり読ませていただいています。


[PR]

by panco-hoy | 2014-05-20 10:41 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

快晴。

d0104029_9573015.jpg

なんていいお天気でしょう。
今週末は、のんびりキャンプに行く予定でした。
それくらい、元気になりつつあったやめぴでした。

温かいコメントおよせいただき
ありがとうございます。
お返事まだできませんが、
ありがたく読ませていただいてます。
[PR]

by panco-hoy | 2014-05-17 09:57 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

ご報告。

5月15日 21時48分、
最愛のやめぴが永眠しました。
闘病中のやめぴを励ましてくれたみなさま
ありがとうございました。
[PR]

by panco-hoy | 2014-05-16 07:28 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

最近のやめぴ。

3月の後半くらいから、やめぴの体調が少しずつ上向き傾向です。

d0104029_17473679.jpg

ちょっと前までは、お散歩に行っても
行った先ではこんな感じ↑で、まったくヤル気レス、
と言うか、体が思うようにならなかったけど、

d0104029_17475746.jpg

近頃はこんなふうに、ちょっぴり生気が戻ってきた感じ。
実際の動きは、まだまだ危なっかしくて、かなりスローモーだけど。

以前は、道ですれ違う人たちからは
「なんて気の毒な犬」って感じで、見て見ぬふりされてたけど、
今なら、病気のことを知らない人には、
「超おっとり癒し系シニアわんこ」くらいには見えるであろうレベル。

無気力、無表情、無関心、無感動。
一時は、魂のないぜんまい仕掛けのぬいぐるみ状態だったのが、
散歩中、ちょいちょい興味を示して寄り道をするようになって、
「あっち行きたい!」「そっち行きたくない!」とわがままも言えるようになった。
人の話をじーっと聞いていたり、おやつくれそうな人におねだりしに行ったり、
ずいぶん、自分の意思で行動できるようになってきました。

特に目覚しい変化を見せたのが、お彼岸で実家に帰った時。

d0104029_17473674.jpg
なんだこりゃ。芝居小屋の楽屋か ^^;


d0104029_17473597.jpg

やめぴにとっては「もうひとつの我が家」。
ここへ来ると、若くて元気で、何でもできた頃の自分に戻るのだと思う。
ベッドもソファも階段も、一度失敗すると次から諦めてしまいがちだけど、
ここでは失敗経験がないので、躊躇なくソファに飛び乗り、
玄関ポーチの段差をひょいひょい上る。
(実は黒子のサポートなしでは乗れないんだけど、やめぴには内緒)

d0104029_17473656.jpg

「満足~♪」


d0104029_17473693.jpg

「できる」と思うと、ホントにできちゃうんだよね。
な、な、なんと、Michikoが、お皿から自力でごはんを食べさせることに成功!
1度きりのサプライズではあったけど、自分で食べられたという事実が大切。

できないと思っていたいくつかのことができたことで、
やめぴは、ちょっぴり自信とプライドを取り戻したのかもしれません。

翌日、父のお墓参りの帰りのお散歩では、
またまたミラクルな「元祖お転婆娘」っぷりを連発。

 
d0104029_17473660.jpg

お散歩に最適な野村総研跡地。

d0104029_17473672.jpg

弟たちを引き連れ、竹やぶに進入。



寛と成を発散させたかったので、
「やめぴはMichikoちゃんとそこで待っててね」って言っても、
全然待ってやしない。

なんか、ずんずんついて来るんですけど ^^;

d0104029_17473623.jpg

太い木の根がゴツゴツ露出している急な山道にさしかかり、
さすがに、いくらなんでもコレは無理だろうと振り返ると、


d0104029_17473653.jpg

げげっ、よじ登ってるし 070.gif
Michikoが「ちょっと待って~」っと引っ張られていた(爆

d0104029_17473608.jpg

それからというもの、日々のお散歩にも気合が入ってます。

d0104029_17475603.jpg

自分専用のルートを開拓して、急勾配を巧みに登っていきます ^^

d0104029_17475709.jpg


全盛期には16kg台だった体重は
一気に11kgまで激減してしまったけど
あと一息で13kgというところまで、なんとか戻ってきた。


d0104029_17475619.jpg

寛も、一緒にお散歩に行けるようになりました♪
太極拳歩きはだいぶ辛そうなので、
寛には禁断のフレキシリードを使ってますが。
ま、基本、野原と雑木林ばっかりだからダイジョブだよね。

ちなみに、犬生初のフレキシリードを装着された寛は、
知らぬ間に自分のリードが長~く伸びているのを初めて見た瞬間、
「ひぃぃぃ~~っ!」と恐れおののいて、驚愕に顔を引きつらせ、
慌てて私の元へ駆け寄ってきました(爆


d0104029_17475735.jpg

食事はまだ、強制給餌だけど、
お水は、いつでも飲みたい時に、
自分で飲めるようになったのも大進歩♪

新たに、鍼灸&漢方の治療も始めてみたので、
今後のさらなる前進に期待したいところ。

もうすぐ新緑のGWだしねー。



[PR]

by panco-hoy | 2014-04-18 17:58 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

通院デートと定点観測。

やめぴの闘病生活が始まって4ケ月が経過。
すでに季節は、初冬から春へと移り変わろうとしてる。
早いな・・・。

4ケ月間、週1回の通院をずーっと続けています。

d0104029_18041298.jpg

通院のお供は、ふわっふわの肌触りのネーム入りガーゼタオル。
幼馴染ふくちゃんのママが、プレゼントしてくれました♪
ふくちゃんママの優しい気持ちに包まれて、病院まで行くのです。

d0104029_18275083.jpg

診察は完全予約制にもかかわらず、毎回1~2時間待たされる。
でも、こんなふうにずっとやめぴを抱っこして読書なんて
以前なら考えられないことなので、悪い気はしないのだ。

d0104029_18085115.jpg


朝から家を出て、病院が終わるといつもお昼すぎ。
長時間待たされるやめぴも気の毒だし、
私はお腹ペコペコで家までもたないので、
コンビニ弁当を買って、近くの公園に寄るのが定番になった。

梅林のある公園。
開花状況の定点観測も楽しみになった。


1月21日。

d0104029_18032326.jpg

まだまだ硬い蕾。
この日、びっくりハプニング勃発。

池で釣りをしていたオジサンが、いきなりやめぴにジャーキーを差し出した。
「あ~、でもこの子、食べられないんです~」って言い終わる前に、
がっつり噛み付いてモグモグ食べてるやめぴ。ひぇ~~~。
しかも、「もっとちょうだい」とか言っておかわりもらってるし。
悲鳴をあげて興奮する私に、オジサンはたじろいでいた ^^;
だって、2ケ月ぶりに自分の意思で食べ物を口に入れたんだもん。


1月28日。

d0104029_18041203.jpg


先週オジサンと会った場所へ直行するやめぴ。
「アタシー、来たんだけどぉー」とアピールしてみたけど、
残念ながら、お目当てのあのオジサンはいなかった。
病気になってから、欲求や感情が全く出なくなっていたので、
こんなやめぴを見るのもすごく久しぶりだった。

d0104029_18032329.jpg

ここでなら食べるかも、と持ってきていた干し馬肉を取り出すと、
この日も、むはむはと食べました♪

d0104029_18032334.jpg

坂をもこもこと上がっていく後姿が、心なしかご機嫌?
蕾も少しだけほころび始めていた。


2月18日。

d0104029_18041218.jpg

d0104029_18041235.jpg
d0104029_18041210.jpg

2週連続の大雪のあと。
ふくらみかけていた蕾は停滞中。
この日の診察で、ようやくステロイド投与が終了。
先生の希望的観測より1ケ月以上長くかかってしまったけど。

ところが、ステロイドをやめた途端、
発症以来で一番調子悪いんじゃないかと思うほど
がっくりきてしまった(涙。。。


3月4日。

あまりの体調不振で、やむなくステロイド再開。
歩かないと、筋肉がますます落ちてしまうので、
なかば無理やり、引きずるようにして梅林まで行く。

d0104029_18084297.jpg
d0104029_18041239.jpg

でも、ぐったりぐにゃぐにゃ(涙
持ってきたおやつはもちろん食べないし、
帰りはほとんど抱いて歩きました。
梅の花はこんなに綺麗に咲き始めたけど、
やめぴの春は近いようで遠いのだ。


3月11日。

d0104029_18084254.jpg

ステロイドを再開した日の午後から
突然ピンシャン歩けるようになってしまった。
昨日まで、厚みわずか数センチの座布団すら乗れなかったのに。
たった1粒で劇的なこの変化。薬ってオソロシイ・・・。

d0104029_18084298.jpg

こうして一緒に散歩できるのは嬉しいけど、
手放しで喜ぶ気分にはなれない。
所詮ステロイド頼みの見せかけ元気なんだよなぁ。

d0104029_18084267.jpg

「あぐ~♪」

d0104029_18084230.jpg

梅はそろそろおしまい。
次は桜、そして大好きな新緑の季節だね。

病院デートはまだまだ続く。。。







[PR]

by panco-hoy | 2014-03-13 21:46 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

近況。

陽のあたるベッドですやすや寝ていたり、

d0104029_1853236.jpg

お気に入りの場所で日向ぼっこしてる後ろ姿は、
以前と何も変わっていないように見えて、

d0104029_18533063.jpg

一瞬、病気はただの悪い夢だったような錯覚を起こしそうになるけど、

d0104029_18534282.jpg

泣きたくなるくらい、絶不調の日もあったりして。。。

体調の良し悪しが天候に大きく左右されるのは、
リウマチが陽性なのも関係してるように思います。

d0104029_18535053.jpg
「今日はダメだわ~~」


重症筋無力症には、専用の治療薬があるので、
時間はかかるけど、必ずしも治らない病気ではなく、
投薬を始めると、目に見えて回復する場合もあるのだそう。

残念ながらやめぴには、先生が期待したほどの効果が出ないので、
年が明けてから、更にいくつかの検査をしたところ、
甲状腺の機能が劇的に低下していることが判明。

T3・T4共に、測定可能範囲を大幅に下回る数値に先生もびっくり。
「こんなに低い数値は見たことがない。
ボクが今まで検査した子の中で、ダントツ一番低い」そうです(涙。

いろんなところが、いろんなことになっていて、
なかなか一筋縄ではいかないやめぴの体。
ホルモン剤が追加されて、またお薬が増えちゃいました。

d0104029_1854597.jpg

薬漬けの日々が、この先長く続いていくのは避けられないので、
ハーブ療法家のサラロンさんに厚かましくもお願いをして、
ホリスティック・サポートのレシピを作っていただきました♪

d0104029_18552094.jpg
d0104029_18553013.jpg

サプリ、ハーブティ、天日干ししたキノコの粉末などを
ペースト状にしたフードに混ぜて、食べてもらいます。

見ず知らずの人間からの突然の相談にも関わらず
親身になって細かいアドバイスをくださったサラロンさん、
本当にありがとうございます。感謝感謝。

ちなみに、この可愛らしいすり鉢セットは
義姉さんからのプレゼント♪

d0104029_18553860.jpg

傾けて少量でも擦りやすい優れもの。
しかも、眺めているとなんだか癒される~。
ありがとうございまーす ^^

d0104029_18554856.jpg

1食につき4~5本。
本犬の意思や食欲とは関係なく、
1日3~4回、半強制的に口の奥に流し込まれる。
これじゃ、まるでフォアグラだよ・・・
虐待の一歩手前のような気がして、辛くなることもしばしば。

d0104029_18555780.jpg

本来、お散歩に次ぐ楽しみのはずの食事なのに、
シリンジを見ると、うんざりした顔になるやめぴ。

d0104029_1856441.jpg

ベッドを大きくしたら、
成がちゃっかりダブルベッド

三寒四温を繰り返しながら、いつの間にか春になるように、
やめぴの体も少しずつ、だんだん楽になっていくといいんだけど。

能天気ブラザーズは元気です ^^

[PR]

by panco-hoy | 2014-01-30 18:57 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

お食事事情

重症筋無力症の症状の1つに、咀嚼筋の損失があります。
長毛のおかげで一見しただけではわからないけど、
やめぴの顔の筋肉は、実はほとんどなくなってしまって、
触るとギョッとするくらい骨がゴツゴツしています。

咀嚼ができないため、水も食事も全てシリンジで注入します。
1日4回、これがやめぴのお食事セット ↓

d0104029_18233386.jpg

最初は流動食作りも、シリンジ給餌も、
なかなか思うようにうまくできなくて、
1回の食事に小一時間かかってました。
食事に4時間、散歩に4時間、
私の1日どうなってんのーって感じだった。。。

d0104029_18235520.jpg

欲しくて欲しくてたまらない寛。

d0104029_1824579.jpg

無理やり食べようとして、何度もこっぴどく怒られてからは、
キリンみたいに舌だけのばしてみたり、
背後からコッソリ忍び寄って、脇の下から首を突っ込んでみたり、
じっとり見張って、ぽとっと落ちたのをすかさず拾ったり。

d0104029_18241660.jpg

「チラリ(食べたい・・・)、見ちゃダメ見ちゃダメ、我慢、我慢・・・くぅぅ」


当初、慌てて取り寄せたシリンジの使い勝手があまりに悪くて、
キッチンの壁一面にペーストを噴射しちゃったり、
テニス肘(?)になっちゃったり、
ほとんど「ひとりドリフ」状態だったのだけど。

シリンジからゴハンを食べるやめぴの写真をブログUPしたら、
そのすぐ翌日に、突然荷物が届きました。
箱を開けると、なんと大量の、しかも大きくてとっても使いやすいシリンジが!

d0104029_18243553.jpg

「懐かしい、大好きな匂いがするよ。」


送り主はチビスケ母さん
お母様のために用意したけど、献身的な介護のおかげで
すぐに不要になったという、縁起物のシリンジなんだって。
どんな宝石より、花束より、嬉しいプレゼントでした♪
私の100倍くらいお忙しいはずなのに、
ブログ読んですぐに発送してくださったチビスケ母さん、
やっぱり偉大なビッグマザーでした。

d0104029_18244499.jpg

「哀れなボクのために、シリンジ1本買ってくださいな」


d0104029_182503.jpg
d0104029_1825877.jpg

休日は、やめ父もシリンジの練習 ^^
ついでに寛も、シリンジの練習 ^^;

d0104029_18251695.jpg

なんでか、こういうコトやらせると、やけにうまい。
すっかり“ちゅるちゅる”が気に入ってしまった寛。
縁日や駄菓子屋で売ってるみたいな、
ちょっとヘンな楽しい食べ物だと思ってるみたい。

立ち上がって歩くことができるようになった今、
次なる目標は、なんといっても自力での飲食!
足と違って、鍛える方法がないのが難しいところだけど、
再びもぐもぐ美味しく食べられるようになる日を夢見て頑張ろー☆

[PR]

by panco-hoy | 2013-12-19 19:22 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

お散歩事情

検査結果はグレーだったものの、
病状や投薬後の経過からみて、
やめぴの病気が「重症筋無力症」であることは
ほぼ間違いないようです。

発症した直後から、
我が目を疑うほどのスピードで
筋肉がどんどん失われていきました。
少しでも、筋肉の減少を食い止めるためには、
とにかく歩かなくてはなりません。
かといって、無理をすると、すぐに熱が出ちゃう。

幸い、近所には自然を残した公園がいくつもあるので
とりあえず、カートで公園まで行き、
柔らかい土や落ち葉の上で、ゆっくり歩く練習をしました。

d0104029_17333956.jpg

走り回ったりはできなくても、
いつものお友達に会えるだけで満足。
大好きな日向ぼっこもできて、一石二鳥♪

d0104029_17343374.jpg

芝生の上に座って、みんなが遊ぶのを眺める姿が、
なんとなくクララっぽいやめぴ ^^

d0104029_17335056.jpg

「やめぴがクララなら、寛はヨーゼフじゃないのか」と
やめ父から突っ込みが入ったけど、
どうも幸が薄くて、人々の哀れを誘う寛は、
やっぱりパトラッシュなんだよな。

でも、やめぴがクララと大きく違うのは、
「このアタシが、歩けないわけないっつーの」という気概。
先に寛と成を散歩させて家に戻ると、
リビングのベッドに寝ていた、立てないはずのやめぴが
玄関にいてビックリ~、なんて日が続き、
いつの間にか、自分で立てるようになっちゃったのです。
弟達に置いていかれるなんて、
プライドが許さなかったらしい(笑

d0104029_1734252.jpg

なので、パトラッシュの出番は、数回しかありませんでした。

d0104029_18254489.jpg

寛は、どうしてもお姉ちゃんと一緒にお散歩したいので、
お供で連れて行くと、超スローなやめぴのペースに合わせて、
一生懸命ゆっくり歩こうと頑張ります。
でも、あまりにもゆっくりすぎるので、
そのうち、どうやって歩いたらいいかわからなくなってきて、
眉間にシワがよったみたいな顔になって、
右手が3回続けて出ちゃったりして
しまいには具合悪くなってへたり込んでしまった(爆

やっぱりまだ、一緒に歩くのは無理なのだ ^^;

d0104029_17344099.jpg

一方のやめぴは、実にアグレッシブ。
急坂も階段も、障害物もなんのその、
ちょっとくらい転んでも、気にせずガシガシ進みます。
排泄や、段差を乗り越える時、介助するために
腰に巻いていたタオルも、いつの間にか不要になりました。

d0104029_17344738.jpg

紅葉がキレイだったので写真を撮ろうとしたら、

d0104029_1734557.jpg

丘の勾配がきつすぎて、
ひっくり返っちゃったりもするけれど(笑

d0104029_1735328.jpg

日曜日には、みんなで新横にも行けるようになった♪

d0104029_1735933.jpg

やめぴが一緒だと、
寛と成が嬉しそうなんだよなー。

d0104029_17351646.jpg

建造中の橋脚が夕日に照らされて真っ赤だった。

d0104029_17352479.jpg

毎日、朝晩1時間ずつお散歩できるようになったやめぴです♪

PS.成っちへ。
お姉ちゃんを見習ってくださーーーい!!

[PR]

by panco-hoy | 2013-12-12 21:59 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

近況。

やめぴが突然、難病を発症してから
早いもので、もう1ケ月以上が経ちました。
ブログを更新する時間的な余裕がないため、
みなさんにご心配おかけしていますが、
やめぴは、低空飛行ではあるものの、
そこそこ安定した日々を送っています。

11月初旬。
自宅マンションの外壁塗装工事が本格化するので
実家に3匹を疎開させようとしていた矢先の発症でした。

d0104029_17294996.jpg

お尻や腿の筋肉がみるみる落ちていき、
1週間でペラペラの体になってしまいました。
風が吹いたら倒れるトランプの塔みたいにたよりない。


++11/6++ 
予定通り3匹で実家へ疎開。
発症直後でちょっと迷ったけど、やっぱり行って正解だった。
Michikoが一緒にいてくれたことで、
体力的にも、精神的にも、
それはそれは、助けられました(私が)。
工事疎開という本来の目的は忘れ去られ、
すっかり、やめぴの長期療養滞在となりました。

d0104029_23551350.jpg
d0104029_23552136.jpg

ヒマさえあればマッサージをしてくれたMichikoばあばに感謝。

d0104029_1730593.jpg

いつもと違うやめぴの様子に不安げな成。


++11/9++
Michiko渾身のマッサージのおかげで
トコトコとお散歩もできるようになって、
一緒にお買い物に行ったりもしていたのだけど・・・

d0104029_23553097.jpg


++11/12++
症状はどんどん進行していて、
ぐったりしていることが多くなった。

d0104029_23553861.jpg
d0104029_23554877.jpg

自力で立ち上がることはもちろん、
体の向きを変えることさえ、できなくなってしまった。
動かないでいると、ますます手足が固まってしまうので、
私が仕事で留守にしている間にも、
Michikoが一生懸命、やめぴを起き上がらせて、
立つ練習や歩く練習をしてくれていました(涙。

さらに、この頃から口がうまく動かせなくなり、
水を飲むことも、物を食べることも、できなくなってしまいました。


++11/14++
10日ぶりに帰宅。

d0104029_23555645.jpg
d0104029_2356472.jpg
d0104029_23561217.jpg
d0104029_23562042.jpg

寛は、動けないやめぴのそばから、ずっと離れようとしませんでした。


++11/20++
最も具合が悪かった時期。

d0104029_17315778.jpg

頭や上体を起していることができず、
1日中、ぐったりと横になったままでした。


11月最終週から、ようやく投薬治療が始まり、
現在は、最悪の状態からは抜け出せたように思います。

時間はかかるけど、なんとか自分の力で立ち上がり、
行きたい場所へ行けるようにもなりました。
でも、喉が乾いて水入れまで行ってはみるものの、
お水が飲めないのが、見ていて辛いです。。。

d0104029_23562796.jpg

仕事部屋へも来られるようになったら、
寛も帰宅後初めて、一緒にこの部屋にやって来た。

朝一は調子が悪いので、
晴れた日には、自分で庭に出て日向ぼっこをしています。
太陽を浴びて体が温まると、動けるようになるらしい。
ミーアキャットみたい(笑

d0104029_17323383.jpg
d0104029_17324294.jpg

横になると、体が薄っぺらすぎて、二次元ワールド ^^;

d0104029_1733261.jpg

ともあれ、自分の足で歩けることが、嬉しいそうです♪
早くお水も、飲みたい時に飲めるようになるといいね。

[PR]

by panco-hoy | 2013-12-10 18:55 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー

やめぴのこと。

突然、お休み宣言してしまったので、
たくさんの方にご心配をおかけしてしまいました。
優しいお言葉や、温かいお気遣いを下さったみなさま、
本当にありがとうございます。

11/2の午後、やめぴが突然、立てなくなりました。
そのわずか数時間前まで、いつもと何ら変わりなく、
公園で元気にボールを追いかけて、走り回っていたのに、です。

d0104029_15245977.jpg

近所の病院では、「老化による筋力低下でしょう」と言われたけど、
刻一刻と手足が脱力していき、
ほんの数日後には、歩行、排泄、食事といった生活の全てが
介助なしにはできなくなってしまいました。
老化現象なんかじゃない、もっと深刻な何かが
やめぴの体に起こっているのは明らかでした。

d0104029_1525661.jpg

別の病院を受診したところ、
「重症筋無力症」の可能性が高いということで検査を受け、
やっと昨日、待ちに待った結果が出たのですが・・・

数々の症状は、明らかに筋無力症のそれなのだけれど、
病名を確定できるだけの明確な数値は表れず。
発症直後は、こういうことも珍しくないそうですが、
こうなると、原因特定はなかなか厄介になるようです。
つまりは、治療方法も手探りってことか。。。

難病でもなんでもいいから、
病名と原因をはっきりさせて、スカッと治療開始したかったので、
3週間も不安と焦燥感でジリジリしながら過ごした挙句の、
グレーゾーンの検査結果にはモヤモヤが残ります。

一時は、毎日高熱が出てぐったりして、
呼吸がひどく苦しそうだったり、
3日間、飲まず食わずだったり、
深夜に救急センターに駆け込んだり、
(これは私の取り越し苦労だったのだけど ^^;)
ちょっと心配な日々でしたが、
検査結果が出る前に、
見切り発車的に投薬を開始したおかげで
ここ数日は、だいぶ体調も安定してきました。

体調&お天気がいい日には、
寛の引くカートに乗っていつもの公園へ行きます。

d0104029_15252822.jpg


パトラッシュになった寛 ^^
d0104029_15253784.jpg

丘の斜面を登る時は、
寛が前を引き、私が後ろから押します。
寛の一生懸命さが、実にいじらしいのです。

調子がいいと、自分で歩いて登ることもできます♪
d0104029_15254883.jpg
d0104029_15255419.jpg

後ろ足の筋力が極端に失われているので、
自力では、立ち上がることができないし、
立った状態から座ることもできないけど、
(座りたくなったら、その場でダーーーンと倒れる ^^;)
立たせてあげれば、歩くことはできるのです。

お食事はこんな感じ。
赤ちゃんみたいで可愛いのー♡
d0104029_1526474.jpg

子供の頃、インコのひなに餌をあげていたことを思い出す(笑
咀嚼筋が動かなくなっているため、
自力ではゴハンを食べることも、水を飲むこともできません。
(3日間のラマダン事件は、食欲不振ではなく、
食べることができなかったのでした・涙)


こんな感じで、突然まさかの介護生活。
一番戸惑っているのは、やめぴ本犬。

私は、介護なんて知識も経験もゼロで、試行錯誤の毎日だけど、
少しずつ慣れてきて、それなりに楽しくやっています。

そんな訳で今シーズンは、
紅葉カヌーも雪山もお預けだなー、って感じですが、
絶対、元気になって、また外遊びできるように
やめぴ、頑張りまーーーーっす!!

[PR]

by panco-hoy | 2013-11-27 15:26 | やめぴ~闘病編~

『マッピー』用ボーダー